ABOUT

iroiroは、チタン×カラーの生活道具を作っています。
新潟県上越市にある新和メッキ工業という町工場から生まれたブランドです。
上越市では、チタンがたくさん作られており、そのチタンをきれいに発色させて、たくさんの人の手に届くものづくりがしたいという思いでスタートしました。
チタンは錆びにくく、環境に優しい金属で、道具として長く使うことができます。
そしてそのチタンに、自然の風景からインスパイアされたカラーを合わせました。

「手に取る道具に彩りを
 用途もイロイロ、カラーもイロイロ」

まだ始まったばかりのブランドですが、これからもたくさんの「チタン×カラーの生活道具」を作っていきたいと思います。






『チタンのSTORY』

iroiroの作る製品は、国産のチタンを材料としています。このチタンは、TranTixxii®というハイエンドな素材で、
日本製鉄株式会社が新潟県上越市を中心に国内で生産しています。

わたしたちがTranTixxii®というチタンを素材として選んだのには、いくつか理由があります。

①上質で美しい質感・風合いであること

②チタンは環境に優しく自然と調和する素材であること

③軽くて丈夫で、変形しにくく、貴金属に匹敵する耐久性を持つサステナブルな素材であること

④地元、新潟県上越市が世界に誇る素材であること

金属を素材として考えたときに、TranTixxii®を上回る素材はないと強く感じました。

『カラーのSTORY』

チタンは、電気を使った表面処理を行うことで、何色にも発色させることができます。塗装とは違い、化学反応で発色させます。

iroiroは、この発色の技術を使い、自然の風景からインスパイアされたカラーを再現しました。

Frost、Moon、Iceberg、Spring、Sunlight、Lotus、そしてiroiroなど、クールな色、きれいな色、かわいい色に彩られています。

『BRAND STORY』

わたしたちiroiroは、新潟県上越市の町工場、新和メッキ工業が提案する「チタン×カラー」の生活道具のブランドです。

私たちの地元、上越には、チタンを生産する日本製鉄株式会社の工場があり、高品質で美しいチタンが生まれています。

しかしながら、上越ではチタンの加工や製品開発を行う企業が非常に少なく、「上越市の産業」として成り立っていません。

今の時代、企業は持続可能な社会の達成を目指し、人と環境を考慮した事業活動を行う責任があります。そのことを考えた時、素材としてチタンほどサステナブルな金属はなく、そのチタンを使った産業を活性化させる必要があると感じました。

チタンを使い、上越で加工して、いい製品を生み出して、お客様のお手元にお届けしたい。そうすることで、町も人も元気にしたい。

そんな思いで、iroiroはスタートしました。

iroiroが目指すのは、

①サステナブルな金属であるチタンを使い、長く使えるプロダクトを作ること

②可能な限り、加工を地元の上越で行うこと

③出張授業やイベントなどで、子供にも大人にもチタンの発色を見てもらうこと

④上越の産業のひとつとして、上越の企業によってチタンを使った事業が発展すること

⑤上越が、「チタンのまち」として認知されること です。

iroiroが踏み出したのは小さな1歩ですが、持続可能な社会の実現のために、歩みを止めず進んでいくブランドでありたいと思います。